FC2ブログ

時代錯誤が甚だしい新幹線の大型荷物事前予約制 ~やるべきことをはき違えているJR(東海)。最後部座席を撤去して荷物置場を設置せよ~

東海、西日本、九州のJR三社は829日、新幹線に持ち込む大型荷物を事前予約制にすると発表した。スーツケースなどの大きな荷物が対象で、当面は最後部座席の後方のスペースを専用置場にする。最後部座席の指定席とセットでの予約が必要で、事前予約をしないで利用した場合に1000円が徴収されるという。設置の理由としては、来年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、外国人観光客を中心に大型荷物持ち込みがさらに増えることが予想されるためとのことである。なお、荷物置場に関しては20205月中旬から導入する上記の客室内最後部座席後方の「荷物スペース」と、2023年度から導入する車内デッキ部の洗面所1か所を荷物置き場に整備して新設する「荷物コーナー」 の合計2か所が設けられる予定だ。

 

「大型荷物を持ち込めるのは最後部座席を予約する利用客のみ」というトンデモな方針


今回のJR三社の方針に関してはYahooなどのネットアンケートでは賛成の意見が反対を大きく上回っているようだが、私は、これはとんでもない時代錯誤な方針であり強く反対する。そもそも外国人観光客にとっては、東京から新幹線を使って京都・大阪へ移動するのはゴールデンルートと呼ばれ、一般的な観光ルートである。それゆえ、特に日本からの距離が遠い欧米人観光客にとっては大きなスーツケースを新幹線に持ち込むことはごく自然な行為だ。また外国人に限らず、幼児と旅行する親がベビーカーを新幹線に持ち込むのも自然な行為である。しかしながら、今回の方針は最後部の座席を利用する乗客しか大きな荷物を持ち込むなと言っているようなものであり、これまで荷物棚にも大きな荷物が置かれていたことを考えれば、実際のニーズと大きく乖離するものだ。さらに、上記のように今後洗面所1か所を荷物置き場に変更してもそれほど荷物スペースを拡充できるわけではなく、導入自体も2023年度と非常に遅い。JR三社に全くやる気が感じられない。

 

他国では当たり前の無料荷物置場


新幹線に専用の荷物置き場を設けるべきとの指摘は以前からなされており、すでにJR東日本管内の新幹線においては一部の座席を除去して専用の荷物スペースを荷物置き場が設置されている。東海、西日本、九州も同様の措置を取ればよいだけの話である。しかしながら、特にJR東海などは地域独占企業として新幹線から莫大な利益を得ながらも少しでも座席を削減することには非常に後ろ向きであり、これまで指摘されてきても無視してきたうえに今回も座席を削減する形での荷物置場設置を拒否している。他方、TGVICEを見るまでもなく西欧諸国では特急列車に専用の無料荷物置場(当然予約不要)が設置されているのが普通であり、韓国のKTXでも同様に専用の無料荷物置場が設置されている。こうした現状を考えるとJR三社の方針は時代錯誤も甚だしい。こんなことがまかり通るならば日本人として恥ずかしい限りである。

 

JRには期待できず。政府が指導すべき


JR三社がやるべきことは予約制度などではなく、各車両の最後列の座席を撤去して無料の荷物置場を設置することだ。安倍政権は訪日外国人観光客を増加させることに熱心だが、なぜ地域独占企業の利用者無視の悪態を放置するのか理解に苦しむ。独占企業は消費者の利益を無視した行動をとりがちになるが、それを是正するのが政府の役割だ。独占企業体質にどっぷりつかったJR東海が立場の弱い外国人観光客からの指摘を受けて積極的に行動するとは思えない。政府は、これまで車いす対応トイレや多目的室の設置を促してきたのならば、荷物置場設置の徹底化をJR三社に指導すべきである。

スポンサーサイト



プロフィール

鈴木しんじ

Author:鈴木しんじ
1972年生まれ。

東京都中野区出身。

東京外国語大学外国語学部フランス語学科卒、慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学、東京工業大学大学院社会理工学研究科博士課程修了。

東京工業大学博士(理学)

千葉県議会議員、国会議員公設秘書を経験。慶應義塾大学SFC研究所上席所員。武蔵野大学政治経済研究所客員研究員。専門は政治経済学、公共経済学。

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR