FC2ブログ

参議院選挙とれいわ新選組

参議院選挙が始まった。野党4党は全ての一人区で候補者調整を行ったが、4党間で政権構想も共通公約もない以上、自民党から政権を奪還する筋道が見えないのは偽らざるところである。私は、個人的には野党第一党である立憲民主党が野党共闘の積極的にリーダーシップを発揮してこなかったのは、国民民主党と距離を置きたいのが一番の理由だと思っている。国民民主党と距離を縮めるほど、脱原発と共産党を含む野党共闘への対応をめぐって党内対立が続いていた旧民進党時代に逆戻りするのは目に見えている。それは避けたいということなのであろう。

 

しかし、そうした守りの姿勢を続けた結果支持率が低下し、山本太郎氏が率いる「れいわ新選組」という思わぬライバルも登場した。筆者自身の山本氏に対するスタンスは、共感はするが消費税0%という同党の公約は支持できないというところである。消費税に関しては逆進性という問題点はあるものの税収の安定性という優れた性質を持つ以上、消費税を目の敵にすることは全く合理的でないと考えている。現行の消費税の逆進性に関しては生涯所得で考えれば深刻とは言えないという指摘があり、さらに「給付付き税額控除」を導入すればより改善される。れいわ新選組の公約の実現性には疑問符が付くものが多いが、共産党を含む他の左派系・リベラル系野党に比べてよりラディカルであり、新鮮さを感じる人も多いと思う。さらに比例区に今回導入された「比例特定枠」制度を使い、れいわ新選組から比例区で3人以上当選しないと山本氏自らが当選できないようにした潔さも好印象を与えている。

 

今年に入ってから、山本氏は立憲民主党が野党の代表として本気で自民党安倍政権と闘う姿勢が見られないと不満を漏らしていた。当然そのことが令和新選組結成の大きな要因の一つになったのだろうが、立憲民主党の枝野代表には野党第一党の党首として野党をまとめる姿勢がこれまで以上に求められるだろう。野党をまとめるのは国民民主党が自滅してからで良いというのでは遅すぎる。れいわ新選組に限らずより明確な旗印を掲げる政党が出来たらそれに支持者を奪われるだろう。

 

また、国民民主党にしても党勢が上がることは考えにくいが、選挙後には立憲民主党の党勢に影響を与えるような事態が生じるかもしれない。仮に同党が参院選に惨敗した場合、玉木代表が責任を取って辞任するとなると、次期代表として小沢一郎氏の名前が挙がってくることが十分考えられるのである。何故ならば、旧小沢グループ系の国会議員は知らない間に結構な数になっているのだ。まさにステルス作戦である。

 

仮に今回の参議院選挙でれいわ新選組が躍進し、選挙後に小沢氏が国民民主党の代表になったとしたら、両党は野党共闘に関して立憲民主党にプレッシャーをかけてくるだろう。さらに剛腕の小沢氏ならば国民民主党の原発政策だって変更させることは不可能でないかもしれない。そうなった場合、立憲民主党は独自路線を取る大義が薄れるので、やりにくくなるのは容易に想像できる。独自路線に固執すれば、ルノーとの経営統合に反対しながらも将来的なビジョンを全く示せない日産自動車のような後ろ向きな印象を有権者に与えるであろう。

 

枝野代表には、選挙後の政治情勢も見据えて、今回の選挙戦で政権奪還へのビジョンと本気で勝ちいく(つまり改選議席で野党が与党を上回る)姿勢を見せていただきたい所存である。

スポンサーサイト



プロフィール

鈴木しんじ

Author:鈴木しんじ
1972年生まれ。

東京都中野区出身。

東京外国語大学外国語学部フランス語学科卒、慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学、東京工業大学大学院社会理工学研究科博士課程修了。

東京工業大学博士(理学)

千葉県議会議員、国会議員公設秘書を経験。慶應義塾大学SFC研究所上席所員。武蔵野大学政治経済研究所客員研究員。専門は政治経済学、公共経済学。

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR